第3章1節因果の輪<4話>

大地から立ち昇るじめじめした空気がほこりのように虚空に散らばる冷たい夜だった。森には身の毛がよだつほどぞっとした静寂が漂い、空を覆い被せた薄暗い木の枝の間では青白い十五夜月がきらびやかに光を差していた。薄暗く敷かれた黒い霧は森全体に絡んで大気をいっそう重くした。まるで顔のない誰かの細い指が首を締めることのように徐々に息の根を締めて来た。
フロイオンは今自分がどこにいるのか分からなかった。耳に触れる詰ったような空気の重さが方向感覚を奪っていた。それにいくら周りを見回しても見えるのは闇だけなので、彼は自分の身が虚空に浮かんでいるかのように鈍く感じられた。行動一つ一つがのろいだけだった。初めてキャンプで暗殺者たちの攻撃を受けた後一週間ほどが流れたようだった。いや、それよりもっと流れたかも知れないが、彼はどれだけの時間が経ったのか見当をつけることができなかった。目の前でロビーが死んだ衝撃と、キャンプから逃げ落ち、暗殺者たちの追い討ちを受けながら生死を出入りしなければならなかったからだ。フロイオンはいくら追い討ちから脱しようと思っても影のように追い付く暗殺者たちの姿に、時間が経過しても彼らが自分を殺すまでは絶対に帰らないだろうと言うことを悟った。結局逃亡と追い討ちのあげく二度の戦闘が起った。その激戦で彼の得たのは肩の深くえぐられた傷と底が見えた体力だった。彼はこれ以上魔法を使うことができない位疲弊した。フロイオンは王族である自分がこんな状況でいまだに生きているという事実が驚くべきだった。幼い頃も国王である兄と彼の支持者たちに命の危険を受けたりしたが、常に安楽な空間の中にあったため、こんなに死の峠を越して険しい状況にあうようになるとは想像さえしてみなかった。もちろんその時の不安と恐怖、怒りと恨みは今に比べる所ではなかった。それさえも今は自らの命位は守ることができないか。彼は成すことができなかった夢のためにも、ここで簡単に死ぬことはできないと思った。しかし思いと違い、視野はだんだん曇って足はふらふらした。まるで重たい石を肩に載せたように体がふらついた。フロイオンはどこかに倒れて寝たい気持ちはやまやまだったが、いつどこで暗殺者が飛び出すかも知れず、疼いて辛い肩の傷を手で覆ったまま黙々と森を進んだ。彼の額にはふつふつと汗のしずくが太くくすぶって、でんと下に落ちた。その時急に向こう側草むらが搖れた。フロイオンは即座に身をすくめてスタッフを握った手に力を込めた。これ以上魔法を使う力がないが、反射的に動くほど緊張した状態だった。手に取ることでいっぱいになった。彼は草の葉っぱに襟の擦れる音が大きく感じるようになっていくのに相反するように、体温が下がることを感じた。もしかしたら今度で最後かも知れないという考えが彼の頭をかすめた。フロイオンは簡単死んでやれないという思いから、奇襲しやすい草の下に身をうずくまった。そして足跡音がますます近付いて見知らぬ者が草むらをかきわけて出ると彼はスタッフを持って魔法を詠唱しようと思った。しかし彼の視野に入って来たのは黒い瞳に善良な顔のハーフリングだった。彼の顔には荒てた気配がありありと浮かんだように見えた。フロイオンは自分があやまちをしたということを悟って詠唱中の魔法を即座に取りやめた。しかしそれが無理になったのか多量の血をかっと吐き出した。

“ごめんなさい!”

ハーフリングが驚いて彼に走って来た。フロイオンは底に倒れながらも薄暗い視野に入って来るハーフリングの白い制服がまぶしいと思った。あの純白の色がこの闇を明らかにしてくれることができる唯一の光に等しかった。彼は遠くなる意識の中で気を失うまいと抗ったが、自分の意志に反して意識を失ってしまった。耳元では誰かの声がますます遠くなってたちどころに消えて行った。
どれだけ時間が経っただろうか。フロイオンは暗黒の中に一人きり立っていた。彼の前には死骸が山のように積もってたくさんの血がツマ先を濡らした。あの死骸に積もっている人々は自分のために死んだり、死を選択しなければならなかった人々だ。いつかは彼らの前に許しを請う日があるだろう。しかし今ではなかった。

“気がつきました?”

フロイオンは夢と現実の境目でまだ我に返ることができなかいまま、目の前のハーフリングの少年をぼうぜんと雪道の中眺めた。まだ少年の面影を脱することができないそのハーフリングは周りにいる何人の人々と共に憂わしい顔で彼を見下ろしていた。彼らは皆白い制服の身なりにお互いに違う国籍を持った色々な種族だった。フロイオンは割れた唇を舌でなでやり、濁る声で問うた。

“ここはどこですか……?”
“バロウの森の湖の近くです。先ほど倒れたが思い出しましたか?”

フロイオンは軽く首をうなずいた。

“それでも幸いです。血をあまりにも多く流してどうなるか心配したんですよ。”

少年は一息を吐き出した後にこり笑って見た。後にいた群れの人々も彼に何かものを言うようだったが、ざわめきとしてしか聞こえなかった。

“私はエミールと言います。あなた名前は何です?”

フロイオンは自分の身分を隠したまま, 愛称を言った。

“プルロン……。”

エミールは自分のリュックサックをあさりだし、バケツと皮懐を取り出した。

“プルロン、まず水をちょっと飲みましょう。ビスケットとパンしかないが飢は満たすことができます。”

フロイオンは重い体を起こしてエミールが与えた水と食べ物を少しずつのんだ。何日の間まともに食べ物を食べることができなくてパンが容易にはのどを通らなかった。エミールは彼が食べ物を食べる間に自分の仲間を紹介させてくれた。

“こちらからピキ, テミ, チシャ, ネティ……。私たちは皆ラウケ神団の信徒たちです。今は遂行中です。”

彼らは皆エミール位の年に純粋な顔をしていた。

“ラウケ神団?”

フロイオンは食べることをやめて水を一服飲んだ後問うた。もう朝なのか鬱蒼な木の枝の間で日ざしが入った。彼はこれ以上手間を取ってはいけないということが分かりながらも即座に起きることができなかった。もうちょっと休みたいという考えが切実だった.

“ラウケ神団はヘルラックの著書を基盤にエルリシャニムが治める宗教集団です。エルリシャニムはヘルラックの弟子の弟子ではありますが、ロハン大陸の未来に対して予言をしてくださいます。私たちはその方の命で大陸に信義真実を知らせていて。正義のある行いをしているんです!”

フロイオンはエミールの説明を聞いている途中疑問を示した.

“ところで信義・真実だって?”
“あ……。”

エミールは興奮した顔で説明をしてから、彼の問いに顔を固めた。周りに座って食事をした他の子供達の表情も暗くなった。フロイオンは自分があやまちを犯したと考え、すぐ謝った。

“言いたくなければしなくても良いですよ。”

彼の言葉にエミールは荒てた手真似をした。

“いいえ。そうではないです。ただ信義・真実を言う度にそれがますます現実に近くなると思うから気が重くなったことだけです。”

エミールはしばらくもじもじしてから口を割った。

“多分プルロンは私が言うことを信じないかも分からないが… 現在ロハン大陸は滅亡の危機に直面しています。ヘルラックはそれをすごく前から予言していたんです。エルリシャニムも今年そんな夢を見たと言います。私たちはその真実を世の中に知らせて人々が神さまに容赦を求めてほしいです。”
“変だね。世界が滅亡するのは私たちのせいでもないのにどうして神さまに容赦を求めなければならないでしょう?”

フロイオンは本当に理解することができなかった。真実を言っただけだった。彼らに容赦を求める事ではなく救援してくれるように祈らなければならないのではないか。エミールは彼の考えに見当をつけたのか自分が罪を作ったことのように頭をがっくり下げたまま小さく言った。

“それは世界を滅亡させようとすることが神さまだからです。”

エミールの言葉にフロイオンは一瞬顔を固めてからたちどころに信じられないという顔をした。いくらモンスターが大手を振って、大陸が混乱に陷ったと言っても神さまが大陸を滅亡させようと思うということは度が外れた当て推量だった。彼はラウケ神団が世の中が乱れていれば現われる異端児と思われた。しかし落ち込んでいるエミールと仲間たちの真摯な姿にそんなことを言うことはできなかった。

“やっぱり信じることができないのですね。”

エミールは元気なく笑って見せた。

“ごめん。易しく信じられる事ではないですね。”

フロイオンは自分を助けてあげた子供達の気持ちを傷つけたくなかった。

“謝る事ではないです。それよりプルロンはどうしてここにいるんですか? こんなにたくさんけがをしましたが 仲間はいないですか? イグニスに帰る中でしょうか?”

エミールは話題を変えながら苦労しつつ明るい振りをしながらさまざまを聞いて来た。彼はようやく時間がかなり経ったということを悟った。これ以上手間を取ってはいつ暗殺者たちによってつかまるかも知れない事だった。フロイオンはエミールが治療をしてきれいに包帯が絡められられた肩の傷を確認した後動けると感じると席をはたいて起きた。ずっとここにあっては彼らさえ危険に処することができる状況だった。

“エミール、 手伝ってくれてありがとう。しかし私が答えてあげることができることは何もない。私はここでつい私の行く道を行かなければならない。”

フロイオンは自分の横に置かれているスタッフを持って方向を取るために空を見上げた。

“その身でどこに行こういうのですか?”

エミールが驚いて問うた。

“家だと言わなければならないか。”

フロイオンは首都モントの王城を思い浮かんでやや苦く笑った。その所を自分の家だと言えるか彼も確信することができなかった。

“それではこれも持って行ってください。”

エミールがバケツとビスケットが入った皮懐を突き出した。フロイオンは母が死んだ以後にこういった面倒を受けたことがなかったから胸の一部が疼いて辛さを感じた。彼は何かエミールに感謝の言葉を言いたかったがこういう時書く言葉が容易に浮び上がらなかった。ありがたいという一言で終わらせるには不足だった。何かもうちょっと適切な表現をしたかった。しかし口を割った瞬間、 急に背後からだしぬけに襲撃して来るおびただしい気配に彼は言葉をのんで徐々と周りを見回した。普通の人々の目には見えないが森の中をかきわけて早く移動する黒い影の姿が彼の視野につかまった。フロイオンは手先が細く震えると拳を握って落ち着いて言った。エミールはそんな彼の姿にぼやっとする表情だった。

“エミール、走れ……。”
“ええ?”

エミールは彼の言葉を理解することができなかった。あの時も暗殺者たちは周りを取り囲んで包囲を狭めていた。フロイオンはこれらを皆守るには無理というのが分かっているのに焦りから自分も分からなく叫んだ。

“逃げだすんだ!”

しかしその叫びと同時に暗殺者たちが木の上で身を現わした。彼らは皆覆面をして手には初めに見る奇妙な形態の武器を持っていた。彼らの常凡ではない姿に周りにあった子供達がざわめき始めた。エミールの顔にも心細さが一杯だった。フロイオンはうまれて初めて後悔というのをした。モントの王城にいる時も王の一族という位置のため多くの人々の死を見たが今のように後悔をして見た事はなかった。しかしもしこの子供達がここで死んだら一生心に荷物を担うようだった。

“よし、 私が相手だ! 暗殺者達よ。しかし子供達は触れるな!!”

フロイオンは自暴自棄に暗殺者たちに叫んだ。どうせ死ぬ命なら後悔なんかは残したくなかった。しかし彼の希望と違い暗殺者たちは木の上で軽く飛びおりて子供達と彼に走って来た。彼らはここにいる人を皆殺そうと決心したのだ。フロイオンはエミールの腕を取って自分の後に隠した。そしてスタッフを持って魔法を唱えた。まだ無理な気がしたが子供達が逃げだすことができる時間位は儲けることができた。すぐに彼の手に力が集まって服が弱くはためいた。手に魔法が凝集されるにつれ彼の身から光が発した。フロイオンは暗殺者たちが鼻先まで到着した時魔法を発した。すると黒い渦の光が地を掻いて暗殺者たちを襲った。彼らは予想できない大きい力に荒てて防御体制を取った。彼はその時を利用して子供達に叫んだ。

“今だ! 逃げて!”

恐怖にだかれ、地面に座りこんでいた子供達はその音に我に返って暗殺者たちの反対側に走り始めた。エミールもフロイオンが肩を押すとためらうようにしながら一緒に走った。彼は逃げる子供達を見ながらこれで良かったと思った。ここで死ぬと言っても後悔はなかった。ところで急に暗殺者の中の一人が黒い魔法の力を振りはなして光の中心から飛び出して、逃げだす子供達の背中を半月模様を描いて攻撃し始めた。あまりにも瞬く間に起こった事なのでフロイオンは悲鳴さえ上げることができなかった。先程までにしても子供達は朝日を受けてどこが楽しいか、白く清く笑っていたが、その笑いが消える前に緑の草の葉っぱの上には赤くて熱い血が荒く振り撤かれた。彼が見るひまもなしにそのように子供達の死骸はどんと音を出して底に倒れて行った。その死骸達の中にはエミールの姿も見えた。フロイオンは自分とでくわした真黒くて善良な瞳に怒りでぶるぶる震えている途中たちところに頓狂な声を上げた。

“ウアアアッ!”

あの時彼は神さまがいないことを自覚した。
[PR]
by hiiragi_rohan | 2007-08-08 14:53 | R.O.H.A.N小説


<< 第3章1節因果の輪<5話... サーバー連合 >>