第3章1節因果の輪<5話>

けだるい風が吹いて黄色く熟した土をおとして過ぎ行く暖かい午後であった。 フリー村にはいつものように職人達が仕事を開始し、忙しい人々の動きの中には活気があふれた。 よく手入れされている庭園では取っ手の付いた耳輪式ボードに乗った子供たちが地団駄を踏みながら、矢のように過ぎ去った。 そのせいでホコリが立つ時ごとにキーボードの主人らは大きく大声を張り上げたが子供たちは茶目っ気あふれる顔に舌を出すだけだ。 ハーフリングの大人たちはすぐ仕方ないとため息を吐くが口元には軽い微笑が漂った。 全てのものが和やかさそれ自体であった。 ここは発明品が多い所で有名な村だった。 そのために他種族では見られない不思議な物を買うために遠方からわざわざ訪ねてくる人が多かった。 その中で最初に集まる所は機械商店と工房がある、城壁の終わり側地域であったし、その他には果樹園と農場が主をなして閑散としていた。 中央広場には常に人々で込み合って,午後になれば足の踏み場がなかった。
フロックスがこの村に到着したのは二日前だった。 彼は神の力を隠し、人間の姿をしてここに到着したが、二日間何も食べずに物陰に隠れ、人々の姿を言葉なしに凝視しながら時間を送った。彼の赤い瞳の中にはその過ぎ去った時間に比例して、活気あふれるハーフリングの姿が一つ二つと、刻印のように打ち込まれた。 あたかも死んだ死体に活気を吹き込むように無意味な一連の行動であった。彼がこういうむだな行動を繰り返すのはここがまさにロハが壊せと命令したその村であったからだ。 もちろん彼らを助けるために彼がここにいるのではなかった。人間の生死に関与できないのみならず、フロックスが助けるといっても、他の神々はロハと一緒に、R.O.H.A.N大陸の種族達を絶滅させるのに力を注いでいるならば効果がないことだった。 フロックスは単にロハの行動が気に入らず、ずっとあたっているだけだった。 ここにきても彼は刹那に過ぎない生活を送る彼らがこれ以上生きなければならない価値があるのか疑わしかった。 もしかしたらこのまま彼らが死ぬとしても関係なくはないだろうかという気がするや、フロックスは自身の矛盾した行動に苦笑いが出てきた。 むしろ明らかな意を持って行動するロハの方が正直だった。 いったい自分はここで何をしているということだろうか。 彼は自身が抱いている正義が揺れることを感じた。

“おい,若者!”

その時年を背を向けてある老人が彼に話しかけた。 フロックスは目を刺す痛い日差しにしかめっ面をしながら見上げた。 老人はもじゃもじゃしたひげとぼってりした腹をしたハーフリングだった。 彼の後には多い人波が込み合った。

“ホ,まだ死んでなかったね。”

フロックスは多少分かれる声で尋ねた。

“どういうことだい?”

彼の冷遇にも老人は特別気を遣わない表情だった。

"“君は一昨日からここにいるのを確認しているのに、何かを食べた様子が全くなかったから死んでも変でないだろう。 見たところ裕福な家庭で育った子のようだがなぜこうしている?”
“お前には関係ない。”"

フロックスはこの老人が面倒だといわんばかしに目をとじてしまった。 だが引き続き感じられるちくちくする視線に神経質に目を開いた。 するとハーフリングの老人がニコニコ笑顔で話した。

“さあ、はやく起きなさい。”

フロックスは理解できないという表情になった。

“我が家に働き手が不足していたがうまくいった。 君はご飯を食べて私は働き手を得られる!”

老人のとんでもない話にフロックスはあきれるというもようはっきり断った。

“行くつもりがない。”“それでは行く気になるまでここで待とうかね。”

ハーフリングの老人は突然地面にどっかり座り込むと彼をボーっと眺めた。 フロックスはその露骨な視線に眉間をしかめた。

“私になぜこうするのか?”“それは君の目つきが残念で…そうだね。”

老人の話にフロックスは眉をひそめた。

“は?何が?”“とてもむなしいのではないか?”

とたんにフロックスの顔が固まった。 彼とは違い老人はにっこり笑うと込み合う人波に視線を投げた。 そして人差し指でどちらか一つの商店の壁にかかっている滑車を示しながら、楽しそうに話した。

“私は発明家だ。あそこに見える滑車も私が発明したものだ。 子供たちが乗る耳輪式ボードもな。常日頃家庭で使っている些細な物の中でも私が発明しない物がないほどだ。 だが今はそのどの発明品よりあの空を飛ぶことができる物を作るのに熱中しているだろう。”“空を飛ぶ? それが可能なことと思うのか?”

フロックスはあざ笑ったが老人の顔にはむしろ活気があふれた。

“不可能だからしたいのよ。 発明というのはそうしたことだね。 自分が抱いている夢を現実に作るということだろう。 それが不可能なもので以上は誰でも新しいものを切り開いていきたいのさ。 ところで君の目にはそんな光が見られないよ。”

フロックスは老人の話に何の返事もしなかった。 いや,することはできなかった。 永劫を生きてきた彼がこういうつまらないハーフリングの老人に説教を聞くことになるだろうと誰が分かったか。 フロックスは今の自分が情けなく感じられて、笑いをこらえることができなくて肩を揺らした。 老人は彼のしくしく泣くような笑いを静かに見守るだけだった。 そうするうちに突然笑いを急にやめたフロックスはその赤い瞳に鋭さを抱いたまま尋ねた。

“お前は自分自身に生きる価値があると思うか?”

ハーフリング老人ははっと笑った。

“価値がない人間がどこにいるという話なのか─と話してあげたいが、世の中には価値がない人間も用意されている。 生まれてはならないし生命もあることだしね。 だがその価値がない人間も誰かが生きてくれるように願うならば生きる権利があるではないか? 決定的に誰が誰に生きる価値があるのか云々という権利はないね。 どうせその命は彼自身のためだ。”

フロックスはしばらく間考えると尋ねた。

“私がお前に生きることを願うならばそれも価値ということか?”“もちろんだね。 この役に立たない体でも望むならばの話だよ!”

老人は自身の膝をポンとたたきながら大きく笑った。

“まだよく分からないだろう。”

フロックスは首を横に振った。

“そうしたのは生きていきながら知ることになることだね。 すでに悩む必要はない。”

老人は席でゆっくり起きて伸びをした。

“この頃は気力がついていかないのか、何をしてもうまくいかなくてな。 君と同じようながっしりした青年が助ければ良いが……. どうせ行く時もないだろうにしばらく休んで行くと考えてくれんか?”

フロックスは老人の目を避けて、言葉なしに遠くにいる人々を眺めた。夕日はもう山を越えて、底に赤くて長い影を作っていた。 彼は夕焼けになった薄暗い時間の中で忙しいボディーコントロールをする人々がすぐ消える蜃気楼のように見えて全てのものが無駄になったという気がした。その時フロックスの目に映るものがあった。 彼の視野に小さいシルエットが一つがますます近づくとバイオレットの瞳と茶色いそばかすが鼻筋にまかれた可愛い女の子に変わっていた。

“おじいさん、ここで何をしてるの?”

少女がハーフリング老人に快活に話した。

“ア、リオや。 たくさん遊んできたかい?”“うん! ところで家に帰らないの? 私がビキおばさんに松茸を渡したよ。”

老人はフロックスをチラッと見ていて話した。

“リオや、今晩は3人分を準備しておきなさいよ。”

その話に少女の瞳がフロックスについた。

“うん、分かった! ところで早く帰らないと。 お腹がすいちゃうって!”“そうだな、ではぼちぼち帰るよ。”

少女は老人に手を振ると人波の中に消えてしまった。 フロックスは消えるリオを見送りながら尋ねた。

“あの子供は?”

その問いに老人は自慢するように堂々と話した。

“私の孫娘だ。”“ハーフリングではないけど?”

フロックスが驚いて問い直した。

“そうだ、あの子供はヒューマンの子供だが、私の孫娘だ。 私がそのように決めたから。”“あなたも本当に特異な人物だね。”

フロックスは笑いながら地面をはたいて起きた。しばらく自分の力が戻るまで老人の家で休むのも悪くないという気がした。 ハーフリングの老人は彼の意図を分かったのかニコニコ笑いながら、手を差し出した。

“私の紹介が遅れたよ。 私はディーンというよ。 君の名前は何だい?”

彼は老人の手を握りながら、気迷いなしで自身の実名をいった。

“フロックス。”

老人は驚いてだらりと下がった目を精一杯引き上げて浮かび上がった。

“神の名前を取ったのか? 自信があふれるご両親だったんだね、お前さん!”

フロックスの口びるの端がすっと上がった。

“この世で最も傲慢な家族だったよ。”“ほほ、お前さんと似てるね!”

ハーフリングの老人は力強く笑いながら、彼よりも先立って歩き始めた。フロックスはその後に従ってすぐ聞こえない深いため息を吐いた。 彼がこの村にくる時だけでも自分の正義が正しいのかロハの正義が正しいのか確認するという信念があった。だが今は彼自身さえ彼らが肉価値があるのか分からない状況で誰の正義が正しいと話せないという気がした。 フロックスはまだ自身の中の答えを探すことはできなかった。 みな万ロハの正義が正しくない(の)だけを望むだけだった。
[PR]
by hiiragi_rohan | 2007-09-29 20:46 | R.O.H.A.N小説


<< 第3章1節因果の輪<6話... 第3章1節因果の輪<4話... >>