第3章1節因果の輪<6話>

エドウィンは銀で作られた水筒に水を入れながら、湖に映った日差しの輝くのを眺めた。 トリアン牧場の村の旅館に泊まった日から雨が降ったり、雨が降らなくても暗雲が常に空を覆っていたため、日差しが懐かしかった。その上旅館でラウケ神団の話を聞いた後はタスカーの表情が暗く、より一層そうであった。 タスカーはエドウィンに以前のように明るい表情で接しようと努力したが、エドウィンはそんな彼女から不安に思う姿を簡単に感じることができた。

“久しぶりに天気が良いね、そうでしょう?”

エドウィンのそばに座り、湖に手を浸しながらタスカーが話した。

“はい、そうですね。”

エドウィンは水筒のふたをかけて、腰のベルトに固定させながら立ち上がった。

“この頃は天気が悪くてわからなかったけど、明るい空の下で見ると、いよいよ私たちがハーフリングの土地に入ってきたという実感ができますね。何というか…生気に満ちた木々がハーフリングの地だという気がしますので。”“そうですか? ラムベックに行けば本当にハーフリングらしいということをいっぱい感じることになるでしょう。 そここそハーフリングらしい活気があふれる所ですね。 アインホルンとは比較にもならないほどですよ。その地の神官達も…”

普段のように快活に話をしたタスカーが突然止まった。湖に浸し、ひらひらさせていた手も同じように止まってしまった。 エドウィンは頭を下げて言葉なしに水面を眺めているタスカーを眺めた。神官に対する話をしようとしたがラウケ神団に入っているという息子が思い出されたもようだった。ふと自身の母もタスカーのようにこの瞬間自身に対して心配しているかもという考えがよぎった。 聖騎士になってグラト要塞頃に行かなければならないという便りを家族に伝えた時、父は息子が立派な聖騎士になる良い機会と励ましてくれたが、母は何の言葉も発しなかった。 ただ目じりが静かな心配の色を落とすだけ。その翌日から、母は毎朝ごとに神殿に、ヒューマンの神・ロハに祈祷をした。しかし神は母の祈祷を聞くことができなかったということなのか? いや、本当にその時‘それ’は神・ロハだったのか?エドウィンはまた再び心の中で混乱のうずができるのを感じた。誰よりも心深くから神を崇めなければならない聖騎士が神に対して少なくとも疑いを持つことになったこと自体、自ら耐えるのが難しいほどの紛らわしさだった。その時東方で巨大な光が光った。タスカーとエドウィンが同時に光に向かって背を向け、約束していたかのように光に向かって走り始めた。 光の発源地で遠くないところの木の後に隠れて、二人は目の前に広がった状況を見て閉口した。

“まさか…”

そこには幼い子供たちの死体が散在していたし、魔法の気勢でぎっしり埋まった光に押し出されまいと、ありったけの力をふりしぼっている人々が見えた。 彼らは皆黒い服を着て両手には刃が光っていた。エドウィンはちょっと見で、彼らがヒューマン族のように見えたが、何か見慣れないという感じがした。

“ダンという種族だね。”

タスカーがエドウィンにささやくように話した。

“ダン?”

エドウィンの質問にタスカーは驚いた表情になった。

“ダン族をしらないってこと? 彼らはあなたと同じ先祖を持ってるのよ!?”

エドウィンはタスカーがダンだとした人々を順に目を通しながら、タスカーに尋ねた。

“なんのことでしょうか?彼らはヒューマンのように見えるが全く違います。 ダン族? 私は全く聞いてみたことがありません。”“詳しいことは後ほど説明します。 まず私たちはあの光中で絶えず魔法を吐き出している誰かから救わなければならないようですね。”

タスカーは静かに、しかし速い歩みで光で作られた大きな球に向かって走っていった。 エドウィンもタスカーの後に従って、球に近付いた。その時初めてエドウィンとタスカーは遠くからも見えるほど強烈だった光が単純な光ではなく、魔法の気勢というものが分かった。光がぎっしり埋まった魔法の気勢の中にはあるダークエルフが立っていた。

‘こんな途方もない魔法の気勢がただ一人のダークエルフから出てきたことということか!’

魔法を使用しているダークエルフを見たのは初めてだったが、エドウィンは幼い時に、そして最近にも魔法を使っているエルフは見たことがあった。 幼い時に父のお共で行ったスド・アイノルンの王宮でエルフを度々見ることができた。そして最近ではグラト要塞でトリアン・ファベルが自分を助ける時、魔法を使用するのを見た。しかし今この魔法の気勢は何か非正常的であるほど強力だった。あたかも自身のすべての生命力を魔法に変えてしまおうとするのではないかという気がするほどであった。エドウィンはここで命をかけた戦いが繰り広げられているということは分かったが、自身が誰を助けるべきかも分からなかった。周囲を見回すと光のカーテンの向こう側で、最も近くにいたのは二人のダン族だった。光が視野を遮って、はっきりとは分からなかったが、1人は短い髪の男であり、右胸に包帯を巻いていた。また他の1人はそのままたらした、長い黒髪の女であった。彼女は防御姿勢を取ったままゆっくりダークエルフに近付いていた。その時初めてエドウィンは彼女がダークエルフを殺そうとしているのが分かった。エドウィンは剣の柄を握り、少しずつ光中にあるダークエルフに近付いた。しかし光が周囲にある全てのものを拒否するように強力に押し出していたので、近くに行くことはダークエルフを殺そうとするダン族やエドウィン自身にも容易ではないことだった。エドウィンは深呼吸をして、光のカーテンを体で押しながら、その中に入った。光が体にぶつかりながら、弱い抵抗感を感じながらも、目を閉じたままエドウィンはゆっくり歩いていった。体が全て光中に入ったと思った瞬間目を開くやダークエルフの後ろ姿と、手にかかった鋭い刃で彼を刺そうとする長い髪のダン族女性が目に映った。

“止まれ!”

エドウィンは走りながら握っていた剣を抜いた。 ダークエルフの首に突き刺さろうとしている刃が、目的と遂げようとする瞬間エドウィンの剣が防いだ。

“キーン!”

鋭い金属のぶつかる音が聞こえるのと同時に光が消えた。光が消えて皆の目に見えるのはダークエルフの首を間に置いて十字に重なった二つの刃だった。

“これは一体何事なの!?”

タスカーがさまよっているダークエルフの体を捕まえながら、ダン族に向かって叫んだ。

“お前らが関係するところではない。ダークエルフを渡して離れろ。 命は助けるから”

少し離れたところで薄氷のように冷たくて鋭い声が聞こえた。聞く人にとって背筋が寒くなるような声であった。エドウィンは刃をあわせたまま声の主人公を見つめた。 きれいにねじあげた髪が二つの長いカンザシに固定されていたが、乱れた姿で、長い間急即に移動して来たようだった。 だが乱れた姿にもかかわらず傲慢で高慢に見える表情が彼女がここにあるダン族のリーダーということを物語った。 エドウィンはエドウィンは刀を取っていた手に力を集中してぶつかった刃をはね出した。刃を押し返された長い髪の女は一歩後じさった。タスカーはすばやくダークエルフを後に引き出した。

“それはできないだろう。異種族といっても命は誰にでも大切なもの。君たちが思いのままにこの者を殺すのを放っておくことはできない。君たちは誰だ? なぜこの者を殺そうとするのか?”

エドウィンの質問に戻るのは沈黙だけだった。

“これらは専門暗殺者です。自分たちの正体を明らかにするはずがありません。”

タスカーは気を失ったダークエルフを起こそうとしながら、エドウィンにささやくように話した。

“知らなくて良い。どうせ死ぬ命なのに分かってどうするという?”

リーダーは手に持った刃でエドウィンを示しながら、より一層冷たくなった声で答えた。

“もう一度機会を与える。ダークエルフを置いて行くか、でなければ彼とともに死を迎えるか?”“私は聖騎士エドウィン・バルストンだ。 正しくないことを目前に置いて行くのはおくびょう者らでもすることだ。 飛びかかれ!”“全部殺せ!”

リーダーの鋭い声が樹の中に広がった。
[PR]
by hiiragi_rohan | 2008-01-30 16:07 | R.O.H.A.N小説


<< 第4章1節闇の中の真実<... 第3章1節因果の輪<5話... >>