<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第4章1節闇の中の真実<3話>

‘聖騎士エドウィン?’ライは自身の耳を疑った。 エドウィン? エドウィン・バルストン?

あの女は魔女だ! 直ちに処刑しなさい!
私はただ真実を言っているだけです。あの子供たちは…君の父がうちの母を殺した…怒った人々の声、燃え上がる炎、空に広がっていく煙、闇の中で現れた暖かい助けの手…

“ライ!危ない!”

デートの声が耳に飛び込むと共に剣に反射した陽光が目に入ってきた。本能的に体を後に飛ばした。

“ライ、大丈夫か?”

デートの声がもう一度耳元にささりながら、ライは自身が敵と対立中の状況にあったことを思い出した。 そして自身の前にある聖騎士が遠い昔、自身の運命を変えてしまった男爵の息子というものも。するとその間忘れて胸深く埋めておいた怒りが全身をぐるぐる巻いた。ライはカタールを握りしめて聖騎士に駆け寄った。ライの盲目的な攻撃に他の同僚らは割り込めなかった。連続的に聞こえる鋭い金属のぶつかる音だけが林の中にこだまするだけだった。エドウィンはライの生気に充ちた攻撃に対抗して、盾と剣で防御したが容易ではなかった。幼く見えるばかりである女の体でどのようにこのような攻撃が出てくるのか驚くばかりであった。セルリノンはハーフリングの近所にいた同僚に向かってハーフリングとダークエルフを攻撃しろと、音のないメッセージを送った。 セルリノンの唇を読んだ同僚はカタールを握りしめて周囲を回ってハーフリングたちに向かって、素早く接近した。カタールを高く振りかぶり、ハーフリングをとろうとする瞬間、風を分ける声が耳元をかすめて行った。

ウウク!”

カタールを持っていた者ののどに矢が打ち込まれているのを見て、激烈にぶつかる全ての動きが止まった。 人々の目が、矢が飛んできた方向に向かった。そこには金色と茶色の混じった髪の毛を長くぶら下げて、生意気な目つきを持ったハーフエルフが矢を放った大きな弓を持って、ライの一行らをねらっていた。

“おい、もうそろそろ止めないかい? 私の区域でこれ以上騒動を起こせば立場上困ってしまう。”

“何奴だ?”

セルリノンの表情は毒牙をしたひそめた毒蛇みたいだった。彼女の声が長く響かないうちに次の言葉が飛んだ。
“私はピル傭兵団のカエールだ。たびたび使節と呼ばれるようになるだろう。 何、それはそうと…今している仕事を止めて、各自家へ帰ってくれたら良いのだが。”

“聖騎士を助けにきたものか?”

“まさか! ヒューマンなどには一抹の同情心も持っちゃいないよ。 私が気にするのはあの小さいハーフリング。今はハーフリング達に雇用されている状態なのでね。”

ライはそっと自身の腰の周りにかかっている手裏剣を取り上げた。しかしいつの間にか彼女の腕に矢が打ち込まれた。ライは短い悲鳴をあげながら手裏剣を落とした。

“むだなことは止めろ。君たちの刃が私に届く前に、私の矢が君たちの心臓にささるから。もうこれ以上の警告はしないぞ。面倒なことはせずに消えてくれ。”

カエールの話にセルリノンはカタールを持ち出して威嚇的な声で対応した。

“私たちは任務を終え次第、ここを出発予定だ。ハーフリングの犬は来た道を戻っていけば良い。”

セルリノンの言葉が終わる前にもう一度風を分ける声を出た。 矢はセルリノンの後にいたデートの首を貫いた。

“もう理解できるか?”

もう残ったのは自身を含み3人だけであり、その上ライは負傷して戦うのが難しいということを把握したセルリノンは奥歯を食いしばった。しばらくフロイオンをにらんですばやい手つきで同僚らの死体に袋を投げた。 袋は死体につく瞬間荒々しい炎を起こした。 よどみなく燃え上がった炎から暗殺者達がいた場所に視線を戻した時にはすでに皆消えた後であった。

“ふん、目がびっくりしている間に逃げたよ。”

カエールは矢を背中にかかった矢筒に再び入れながら当てこすった。エドウィンは暗殺者達が消えたのをもう一度確認した後、鞘に剣を入れながらカエールに感謝の挨拶をした。

“ありがとうございます。助けてくださって…”

“さっきも話したがあなたを助けようとしていたのとは違う。 あのハーフリングのためにしたまでだ。とにかくハーフリングに雇用されている傭兵であるから。ともかくすでに相当数を殺していったよ。しまった…面倒なことになってしまった。”

あちこち地に倒れている幼い子供たちの死体を一つずつ確認しながらカエールが話した。

“生き残った者は…いないですか?”

エドウィンは質問をしながらもすでに自ら返事を知っていると考えた。彼らはただ一撃で命を絶っておく方法を知っていた。生き残った者が1人でもいるならばそれは奇跡に近かった。

“いないな。彼らはただ殺すために刃物を振り回した。 威嚇などは1つもなかったよ。”

地に顔を当ててうつ伏せになっていた死体をひっくり返して、傷を確認しながらカエールが答えた。

“エミール…?”

エドウィンとカエールは息が絶えるような絶叫音に背を向けた。タスカーが凍りついた表情でカエールが見ている死体を眺めていた。

“エミール! エミール! 私の息子が…! いやあああ!”
[PR]
by hiiragi_rohan | 2008-02-26 16:42 | R.O.H.A.N小説